ケアセンターちゅらら
介護保険サービス
1.要介護認定を受ける際には、まず自身のお住まいの市区町村へ申請を行います。
申請窓口は各役所に設置されており、介護保険課などが担当となっています。

2.要介護認定の訪問調査
申請書類による受付が完了したら、今度は調査員による訪問調査が行われます。聞き取りにより暮らしぶりや現況について確認され、どの程度の介護が必要かを判断される調査です。なお、調査員は市区町村の担当職員、あるいは委託を受けたケアマネージャーが担うこととなります。

3.要介護認定の申請書を提出した後、市区町村から訪問調査の日時に関する連絡があります。
そこで希望の日時と場所を伝えましょう。
※地域によっては申請書に希望日時を書く欄があります。

4.審査
介護認定審査会において、介護の要不要、および要介護状態の判定が行われます。
この際、訪問調査による情報や主治医からの診断書が参考にされ、審査会は医療・福祉・保健に関する有識者によって構成される組織です。

5.認定
~要介護度区分別 対象の介護保険給付 と 使えるサービスの種類~

◇要支援1または2 -対象の給付- 「介護予防給付」
       ■使えるサービス 「介護予防サービス」※自己負担1割または2割

◇要介護1~5   -対象の給付- 「介護保険給付」
       ■使えるサービス 「介護保険サービス」※自己負担1割または2割

◇非該当     -対象の給付- なし
        ■使えるサービス なし